スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

昨年のエリザベス女王杯、空馬が1着。 

2008年11月16日 第33回エリザベス女王杯

2008年11月16日 第33回エリザベス女王杯
落馬したポルトフィーノの訳は、イタリアの都市名とのこと。
3枠5番で武豊騎手落馬ですが、空馬ポルトフィーノは1着でゴール。
3枠、5番、武豊はサインとして使われる可能性がありますが・・・・。

で、勝ったリトルアマポーラの訳は、小さな+ひなげしの花(西)とのこと。

かつて4歳馬限定だった頃のエリザベス女王杯は、馬名が美しくないと勝てない!と言われてました。
イタリアの都市名ポルトフィーノでは、英国の女王杯は勝つことが許されないのでしょうか?
ちなみに、ひなげしの花は、虞美人草とか美人草、ポピーと呼ばれてます。

じゃあ、ブエナビスタは?

ブエナビスタは、素晴らしい景色、絶景(西)とのこと。
まあ、こちらも名前では負けてません。


スポンサーサイト
[ 2009/11/10 22:26 ] 今週のレース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakenrich.blog66.fc2.com/tb.php/97-3273425b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。