スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋華賞は、ブエナビスタで間違いなし? 

今年のチャンピオンには、「○○記念勝ち」という実績が必要だとする説。

今年の秋華賞の出走予定馬に、「○○記念勝ち」はいませんね。

でも、気になるニュースが・・・・。


コスモプラチナ号が競走馬登録抹消(JRA)
2009/10/14

2009年マーメイドステークス(GIII)に優勝したコスモプラチナ号(牝6歳 栗東・宮 徹厩舎)は、10月14日(水)付で競走馬登録を抹消しますのでお知らせいたします。
なお、同馬は今後、北海道新冠郡新冠町のビッグレッドファームにて繁殖馬となる予定です。
-----
3歳馬の重賞には、共同通信杯(トキノミノル記念)とセントライト記念があります。
その共同通信杯(トキノミノル記念)を勝ったのが、 ブレイクランアウト号です。

ブレイクランアウト号は第60回 朝日チャレンジカップで6枠に入り2着となるのですが、その6枠にコスモプラチナ号が入ってました。

これがサインなのかもしれません?

「同じ枠に入った馬は、同じ馬。」とはタカモト式の基本ですから、ブレイクランアウトとコスモプラチナは同じ馬となったのです。

で、コスモプラチナは、御役御免で引退なのかも?

というふうにブエナビスタを見てみると、札幌記念でトーセンキャプテンの同枠です。
トーセンキャプテンは、昨年の函館記念馬ですから、ブエナビスタは、函館記念馬という称号を手にしたことになると思われます。

でも、ブエナビスタが秋華賞を勝つとしても、圧倒的1番人気のはずですから、私は馬券は買わずに応援だけですね、きっと。

それから、菊花賞は、前述のブレイクランアウトが有力です。
なんといっても、トキノミノル記念を勝ってますから。

しかし、よくよく調べてみると、ダービーでナカヤマフェスタと同枠になってます。
で、このナカヤマフェスタ、セントライト記念を勝ってるんですね。

じゃあ、ナカヤマフェスタだ!

菊花賞が行われる11月1日が、キティちゃんの誕生日というのも理由のひとつです。
フェスタ、お祭りですよ。
35周年記念ですからね。

ターフィーグリーティング
※◎はキティちゃんもいっしょ

ターフィーくんが東京競馬場をお散歩します。11月1日(日)は、キティちゃんもやって来ます。見かけたら一緒に遊んでね。
-----
キティは、ロンドン郊外生まれの双子ちゃん。
妹の名前は、ミミィ。

メジロティターン死す、82年天皇賞制覇(日刊スポーツ)
2009年10月15日7時30分

82年の天皇賞(秋)を制し、メジロマックイーンの父でもあるメジロティターンが13日、老衰のため死んだ。31歳だった。メジロティターンは、70年の天皇賞(秋)を制したメジロアサマの子として78年3月に生まれた。美浦の尾形藤吉厩舎に所属し、3歳の秋にセントライト記念で重賞初制覇。通算27戦7勝、重賞を3勝し83年に引退。種牡馬生活に入った後は、メジロマックイーンなどを送り出した。マックイーンが91年の天皇賞(春)を勝ったことで、父子3代天皇賞制覇の立役者となった。

ティターンは種牡馬を引退後、北海道洞爺湖町のメジロ牧場で余生を過ごしていた。1週間ほど前から体調を崩し、13日早朝に死んだ。
-----
メジロティターン、メジロだから目白で「白」。

また、キティの本名は、キティ・ホワイト。

だから、ナカヤマフェスタが1枠に入れば、勝負してもいいんじゃないですか?


にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2009/10/15 22:48 ] 今週のレース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakenrich.blog66.fc2.com/tb.php/76-f3f230f9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。