スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高本公夫も株で儲けてた! 

1973年 タケホープ - 日本ダービー

1973年 タケホープ - 日本ダービー
1着 タケホープ
2着 イチフジイサミ
3着 ハイセイコー

「怪物君」と呼ばれたハイセイコーが3着に敗れて、大波乱となった1973年の日本ダービーです。

私の記憶に間違いがなければ、高本公夫は、このダービー、100万円の1点勝負で、1億円近い大金を手にしたはずです。

このお金で買ったかどうかは知りませんが、高本は1988年に開場した東京ドームの株を1億円分購入した、と著書の中に記しています。

その後、株価は10倍に・・・・。

高本は、巨人ファンでしたからね。
でも、彼がもし生きていたら、日本ハム・ファイターズのファンに変身してたでしょうね?

なにせ、彼は道産子ですから。
あ、でも、東京ドームは日本ハムの本拠地でもありましたね。

そういえば、最近まで長者番付が発表されてましたが、彼は、住民票の住所が北海道にあったんですね。
北海道在住の作家部門の納税者で、毎年、上位にライクインしてましたから。

ちなみに、「モー娘。のなっち」は室蘭ではナンバー1の納税者でした。
あのライスシャワーのオーナーを抑えての第1位!

話がすっかり逸れちゃいました。


トヨタ、12年にも中国に100万円未満車 (読売新聞)
2009年9月24日(木)21時51分

トヨタ自動車は24日、中国で2012年にも低価格小型車を投入する方針を明らかにした。

現在主流の小型車「カローラ」や中型セダン「カムリ」より安い車を現地生産し、高成長が期待できる中国市場での占有率(シェア)拡大を図る。
10年にインドで生産を開始する小型車「エントリー・ファミリー・カー(EFC)」をベースとする。

排気量は1?1・3リットル程度、価格は100万円未満とし、中国で台頭する中間層をターゲットにする。

トヨタが08年に中国で販売した台数は前年比20%増の59万台と、乗用車部門では独フォルクスワーゲンに次いで2位となっている。

しかし、昨年5月に現地生産を始めた小型車「ヤリス(日本名ヴィッツ)」は、「先進国向けに開発された」(トヨタ幹部)ため販売が低迷。中国政府が小型車の購入支援のために減税を実施した今年1月以降はシェアが伸び悩み、小型車強化が課題となっている。
-----
現地生産・・・か。

日本の失業率に反比例して、日本企業の業績が上がっていく・・・・。

でも、

日本人が日本企業の株を買わないと、外国人投資家が日本企業の株を買い占める・・・・。

「会社は株主のもの。」ですから、日本企業が外国人の手に・・・・。

重賞レースに冠するのは、農林水産賞、知事賞などのお役所、鉄道会社や新聞社、テレビやラジオ局などのマスコミ関係がほとんどですが、唯一、製造業がスポンサーを務める「トヨタ賞 中京記念。」

日産賞、ホンダ賞、キャノン賞、日本電産賞、ソフトバンク賞といった重賞レースはないんですよ?。






No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券





日本最大の求人情報量!楽天仕事市場





スポンサーサイト
[ 2009/09/24 23:46 ] 株取引 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakenrich.blog66.fc2.com/tb.php/65-8b9f14ab









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。