スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイビスサマーダッシュは、今年もカノヤザクラ? 

2008アイビスサマーダッシュ

2008アイビスサマーダッシュ
鋭く抜け出したカノヤザクラ、重賞初制覇のゴール

サマースプリントシリーズ
アイビスサマーダッシュ(JpnIII)
とは?

新潟市長賞。
サマースプリントシリーズの第2戦。
本競走は、平成13年に創設された重賞競走。直線芝1,000mを舞台に、3歳以上馬による別定戦で争われる。レース名のアイビス(Ibis)は、英語で「トキ」のこと。トキはコウノトリ目トキ科の鳥の一種。新潟県の県鳥で国の特別天然記念物に指定されており、新潟競馬場の「アイビススタンド」の名称にも使用されている。

先週の七夕賞同様、競馬番組表では何の変更もない「アイビスサマーダッシュ」です。
こういう何の変更もないレースは、昨年の連対馬が来ることが多いようです。

で、昨年の勝ち馬は、カノヤザクラ。

この馬が出てくる以上、カノヤザクラを狙うべきですが、先週の七夕賞では昨年の勝ち馬 ミヤビランベリが1着しています。
2週続けて、同じことを繰り返すとは思えませんが・・・・。

はたして、カノヤザクラの運命は?

たぶん、私の第六感は、カノヤザクラは出走回避するのでは、と。

また、もし出走してきたとしても、昨年と同じ枠や馬番に入ってくる場合も考えられます。
こういった枠順では、馬群に飲まれることが多いようです。





スポンサーサイト
[ 2009/07/14 20:28 ] 今週のレース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakenrich.blog66.fc2.com/tb.php/28-b829c4dd









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。