スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京王杯から読むエリザベス女王杯 

2009年 第45回 京王杯2歳ステークス G? エイシンアポロン

2009年 第45回 京王杯2歳ステークス G? エイシンアポロン


●京王杯2歳ステークス(JpnII)

本競走は、昭和40年に『京成杯3歳ステークス』として創設された競走。当初は中山競馬場の1,200mで争われていたが、55年に東京競馬場の1,400mに改められた。その後、平成10年に京王電鉄株式会社より寄贈賞を受けたことに伴い、現在の名称に改称された。
京王電鉄は、東京都多摩市に本社を置く鉄道会社。(JRA)
-----
サンリオ・ピューロランドは東京都多摩市にあります。

京王電鉄といえば、キティです。

そのキティ、野中厩舎のキティですが、なぜ馬名登録が認められたのか疑問です。
JRAのキャラクターであるターフィーはサンリオ・キャラクターですから、JRAの職員の誰か一人くらいはキティという名前を知っているはずです。

って、3歳の子供だって知ってます!

もしかすると、世界中で最も有名なキャラクターの一つであるはずです。
にも関わらず、馬名登録がなされました。
なぜ???

で、その野中厩舎のキティ、先週、先々週とも出走して連対しました。
さらに、その馬番がメインレースの勝ち馬番となりました。
これは、いったい・・・・?

さすがにキティ、3週連続出走することはありませんでしたが、私は、仮定の話ですが、「京王杯で勝った馬番が、エリザベス女王杯でも勝つのでは?」と思いました。

理由は、京王電鉄とピューロランドのつながりからです。

私たち一家は、何度も函館から空路ピューロランドに足を運んでますが、新宿にも、多摩にもある京王プラザホテルにも何度も泊まったことがあるくらいのサンリオ・ファンです。
しかもサンリオの株主ですし・・・。

まあ、それは関係ありませんが、とにかく多摩市といえば、サンリオと京王電鉄です。

第45回 京王杯2歳ステークス(GII)、勝ったのは、1枠2番 エイシンアポロン。
エリザベス女王杯の馬番の2番は、 メイショウベルーガですが、買い材料がいくつかありますね。
この馬が1着で、2着候補が3、7、8枠 と思ってます、今は・・・・。


スポンサーサイト
[ 2009/11/14 22:53 ] 予想 | TB(0) | CM(1)

chupakoさん。
寄り道させていただきます。

メイショウベルーガは、私も気になっています。

レーダイに古都の文字があり、古都Sを1着してエリザベス女王杯に駒を進めてきましたからです。

ただ、池添騎手が2日続きの2番なので、躊躇しています。

2日続きといえば、1番人気になると大体馬券を売っている後藤騎手もそうですね。

人気のない後藤騎手は、ヤバイですよね。
こっちが、お金の成る木ですかね。
[ 2009/11/14 23:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakenrich.blog66.fc2.com/tb.php/100-5b591bae









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。